construction

構造・設計のこだわり

construction

建物の構造が性能を高め

​性能が暮らしに安心と心地良さをもたらします

日本は先進国でありながら建築部門においては海外の住宅性能に比べるとはるかに低いのはご存知でしょうか?

丸富工務店では、日本の住宅の性能基準では不十分と考えており、「断熱性」「気密性」「耐震性」といった建物の基本性能にも非常に力を入れています。

​まずは、建物の基本性能を高めることで、暮らしにどのような変化が起こるかをご覧ください。

性能が高いお家はどんな暮らしができるの?

建物の断熱性や気密性を高めることで、外気の影響を受けにくいお家になりますので、夏は涼しく冬は暖かいお家となります。

Markのお家では、北海道のお家の断熱基準を上回る性能で設計施工を実施する為、真冬でも、日中は無暖房で子供は半袖、半ズボン(室内24℃)で過ごしています。

この効果は、冷暖房費の削減にも繋がることから、年間の光熱費も大幅に削減され、お得な暮らしが出来るお家を実現できます。

快適で光熱費が安い省エネの暮らし

建物の気密性を高め、換気能力を高めることにより、新鮮で健康的な空気環境を維持できるお家となります。

気流を感じない心地良さ、良質な空気品質、カビやダニ、花粉などアレルゲン対策がされたお家は小さなお子様も安心です。

家族の健康に配慮した暮らし

Markのお家の耐震性能は、国内で最も強い耐震性能が標準としております。


これは、防災拠点となる「消防署」や「警察署」と同レベルになるので、地震が起きたとき、家にいる事が安全だと思える暮らしを実現できます。

災害から家族を守る暮らし

Markのお家の構造・設計の特徴

国内で最も地震に強い耐震等級3のお家は、一般的なお家の耐震性とくらべ1.5倍の強度となります。

Markのお家は、これに加え、制振工夫も施し、地震の揺れによる建物の劣化対策も行います。

耐震等級3

Markの家づくりは、国土交通省から建物の耐久性やメンテナンス性の高さが認定された長期優良住宅と同等の性能の家づくりが標準仕様です。

長期優良住宅

ゼロエネルギー住宅(ZEH)とは、CO2排出量0、光熱費0円の暮らしをめざす地球にやさしい、家計にやさしいお家です。

高気密高断熱住宅をベースに、「省エネ設備」、自然の恵みを活かした「創エネ設備」の設置。「暮らし方の工夫」をすることで実現します。

​MarkのZEHの目標はこちら

ゼロエネ住宅

「パッシブデザイン」とは、太陽の光や熱、風といった自然のエネルギーを採り入れることで、エアコンなどの冷暖房機器を極力使わずに、快適に暮らせることを目指した設計のあり方です。

私たちはこの考え方をあらゆる部分に応用し、住まいづくりの提案を行ないます。

パッシブデザイン

Markのお家では

更に性能を高めるために以下のような施工も行っています

Markのお家は、地域環境や建物に適した断熱材を使い、建物の熱抵抗値(断熱性)を極限まで高めることに努めます。

建物の内側、外側のダブル断熱はもちろんのこと、建物内部の湿度も考慮して快適な室内空間を作り上げます。

熱抵抗値を極限まで高める

住宅の窓は、暖房を使用する時期には70%以上の室内の熱が外に逃げていき、
冷房を使用する時期には50%近くの冷気が外に逃げていきます。

このため、Markのお家では、断熱性、気密性が世界トップレベルの木製、樹脂製トリプルガラスのサッシを採用しています。

世界最高レベル性能のサッシを採用

Markのお家は、お客様に建物の性能にご安心頂くために、一棟ごとに気密検査を実施しています。

C値(気密性)0.3を目標に施工を行い、直接現場で計測しますので、施工力や気密性も安心です。

1棟ごとに気密テストを実施

建物の気密性は、職人さんの腕と技術と丁寧さで大きく変わります。

Markのお家では、多くの住宅会社がやっていないような、気密性を高めるための細かい施策を手作業で取り組み、良質な住空間を作り上げています。

気密性を高めるための手作業での配慮

地震は大きな地震だけではありません。

このため、繰り返し起こる地震対策も大切です。

Markのお家では、建物まるごと制震装置として、繰り返しの地震による建物の劣化を対策も行なっています。
 

​標準仕様の素材や建材も、是非ご覧ください。

地震での建物の劣化を防ぐ制震工夫

Copyright ©  株式会社 丸富工務店 All Rights Reserved.