top of page
  • 執筆者の写真markmark8155

快適な住まいづくり:断熱と気密に特化


快適な住宅とは、住む人にとって心地よく、健康的で、エネルギー効率が高い家です。

この基本条件を満たすためには、温度、湿度、空気質、そして静寂性が適切に管理されている必要が

あります。

断熱と気密は、これらの要素を制御し、年間を通じて一定の快適さを保つ上で不可欠です。



断熱の基本


断熱材は、壁、床、屋根を通じて熱が家の外へ逃げるのを防ぎます。

夏は涼しく、冬は暖かく保つために、断熱材の選定と正しい施工が重要です。


断熱の効果は、エネルギー消費を減らすだけでなく、

快適な室内環境を長時間維持することにも寄与します。




気密の基本


気密性とは、不必要な空気の流入や流出を防ぐ家の能力を指します。

気密性を高めることで、冷暖房時のエネルギーロスを減少させ、外部の騒音や花粉、

ほこりの侵入も防ぎます。


気密性の高い家は、エネルギー効率と居住の快適性を大幅に向上させることができます。



断熱と気密の組み合わせ


断熱と気密は相互に補完しあう関係にあります。

優れた断熱性能を持つ家でも、気密性が不十分だと熱損失が生じ、その逆も同様です。

この二つの要素を組み合わせることで、最高の環境効率と居住快適性を実現することができます。


大阪府守口市で高気密高断熱にこだわった家づくりをしている丸富工務店(Mark)    やさか


Comments


bottom of page